【ゆっくり解説】味わい深い人間ドラマと雑学‼MASTERキートン

0

ご視聴いただきありがとうございます(^^♪
今回は一話完結型で深くて味わい深い人間ドラマが印象的な作品
「MASTERキートン(マスターキートン)」の解説です。
日本と英国のハーフで東洋人の要素が強めな見た目、礼儀正しく物腰が柔らかく、人懐っこくお人好しでどこにでも打ち解けられる平凡そうな主人公
平賀=キートン・太一。
考古学者として大学の非常勤講師を行いながら発掘調査の機会をうかがい、ひょんなことから知り合った保険調査員のすすめからオプとしての仕事も行うけど、本業は主に失業中の事が多くもっぱらオプとしての仕事が中心…。
デリケートで非常に危険の伴う仕事で、平凡な顔立ちでどちらかといえばナメられそうな男性だけど、実は元イギリス軍の精鋭部隊SASで「マスター」と呼ばれたほどの実力者で、非常に高いサバイバルの知識や戦闘術においてもほぼ完ぺきといわれる程!
更にイギリスのパブリックスクールを経てオックスフォード大学を卒業したエリートで高い知識や教養を持ち、歴史的な事に造詣が深くいろんなことに対して博学とかなりギャップがある人物^^
そんな彼が様々な国で様々な人々に出会いオプとしての仕事を行いながら、彼らの過去にまつわる話や悲しみや憎しみ、喜びや愛情など様々な感情が渦巻く人間ドラマが繰り広げられる深みのある作品!
作品の時代背景から東西冷戦にまつわる話が多く、特に東西に隔てられてたドイツの話が印象的、更に主人公の国イギリスや、ヨーロッパやアジアといった国々の話もあり、毎回様々な雑学的な要素もありためになる作品でもありますΣ(・ω・ノ)ノ!
ただ原作が連名になっているため、それが元で2005年から増刷が出来なくなってしまうちょっと泥沼化した事態が起き、2011年まで絶版状態になってしまっていたようで、現在は「MASTERキートン完全版」として出版されてますが、その問題解決したかは謎が残るところもあり、本当に話が深い名作なのに残念な事態になってしまってたってこともあったようです…(T_T)

#ゆっくり解説
#MASTERキートン
#マスターキートン
#浦沢直樹
#著作問題
#東西冷戦

00:00 オープニング
01:29 実は凄腕の主人公と様々な国が舞台となる一話完結型作品
04:37 あらすじ(オプになったきっかけなど)
10:00 キャラ紹介
18:41 多彩な声優陣
19:27 宮崎駿監督の一番弟子など凄い制作陣
20:29 浦沢先生らしい印象的なキャラクター
20:50 多めの東西冷戦にまつわる話や印象的な話
21:59 マスターはあだ名的な物…?
22:22 増刷中止の絶版状態…泥沼化した著作問題…